読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C#からTracを操作する その2

C#

と、言うことで、VS2005用のTracアドインでも作ってみようかな。

VSTracを試してみたら、今の段階では「見る」だけしかできないんだもんなぁ。

せめてチケットの登録とチケットの解決はできないと、お話にならない。

C#からTracを操作する

の続き。大体半分くらいできたけど眠い。とても眠い。


今のところ、

  • プロジェクトの登録
  • プロジェクトごとのデフォルト値等の設定
  • 閉じていないチケットの閲覧*1
  • 新規チケットの登録
  • チケットのクローズ

の実装は完了。
残りは

  • レポートの登録
  • 初期画面に選択したレポートを表示

くらいができればOKかな。他にも色々欲しいけど、最低限はそんなもんでしょ。
あと、名前は考えるのも面倒なんで、TracVSに決定。


以下スクリーンショットを適当に。



初期画面。Reportの右のコンボボックスにレポートを登録し、そのレポートを選択するとしたのテーブルに結果が表示される・・・予定。コンボボックスの右のボタンでレポートが登録できる・・・予定。
その下の3つのボタンは、チケットの新規登録、テーブルの更新、TracVSの設定で、それぞれそのまんまな機能。実装済み。



VSにドッキング可能。ドッキングするとしたら、エラー一覧とかが今ある場所が良いかな。



新規チケット登録画面。Webのインターフェイスをそのまま持ってきたような感じ。



プロジェクト設定画面。担当者を上記ユーザにするにチェックを入れると、新規チケットの登録時に担当者が勝手に埋まる。


このほか、プロジェクトの登録画面とかあるけど、基本的にはこんな感じ。
設定ファイルは%APPDATA%の下にTracVSってフォルダを作って、settingsってファイルに現在有効になってるプロジェクトを格納して、Projectsフォルダにプロジェクト名*2と同じファイルにプロジェクト固有の設定*3を格納。


今のところかなり適当なつくり、出来、その他もろもろだけど、一応プロジェクト一式を置いておく


追記:眠いだけあってかなりやばいことになってるなw
さて、次に弄れるのはいつになるやら・・・

*1:初期画面

*2:Tracのプロジェクト名とは関係ない。自由に付けれれる。でも普通はTracのプロジェクト名と同じにするはず。

*3:プロジェクトのURLとか、ユーザ名とか、パスワードとか、各種デフォルト値とか。パスワードってこんな扱いで良いのかな?・・・個人使用目的だしいっか