読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラスのコンストラクタ呼び出し時にプロパティも同時に初期化する

F#

これはF# Advent Calendar 2014の9日目の記事(ピンチヒッター)です。 昨日の記事はねのさんによるFSharperならこう書く(A Poker Game Program) #FsAdventでした。 この記事を勝手に添削したエントリも、よろしければ合わせてどうぞ。 何度も言いますが、コードが読みやすくて書き換えが大変楽でした。

さて、今日はF# のネタリストから、クラスのコンストラクタ呼び出し時にプロパティも同時に初期化する方法です。 Advent Calendarのネタに困っている人は、参考にしてみるといいかもしれません。

F#のプロパティ

F#のプロパティの定義は、複数の書き方があります。 C#の自動実装プロパティに初期値を持たせた書き方もサポートしていますので、今回はそれを使いましょう。

type Class(x: int) =
  member val Name = "" with get, set

これで、C#での

public class Class
{
    readonly int x;
    public string Name { get; set; }

    public Class(int x)
    {
        this.x = x;
        this.Name = "";
    }
}

に大体対応します。ヤバい短さですね。

コンストラクタ呼び出し時にプロパティも同時に初期化したい

上のように作ったクラスを生成する際に、C#ではオブジェクト初期化子という構文を使って、プロパティも同時に設定できます。

var c = new Class(10) { Name = "hoge" };

便利ですね! 実は(?)、これと同じことがF#でもできます。

let c = Class(10, Name="hoge")

これだけです!

これは、F#での名前付き引数とまったく同じ構文ですね。 なので、当然(?)これらは混ぜることができます。

let c1 = Class(x=10, Name="hoge")
let c2 = Class(Name="hoge", x=10)

素晴らしい!

本日は以上です。 明日は、ざっきーさんの番ですね!