読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウド温泉4.0@小樽 - The Return of F#

F#

今更シリーズその1。 7月の25から28日に、 クラウド温泉4.0@小樽 - The Return of F#に参加するために北海道に行ってきました。

発表資料はこちら。

内容はコンピュテーション式のyieldとreturnについての話で、

あたりの流れの一つのまとめになっています。 上であげた、「コンピュテーション式におけるreturnとyield」では状態引数による実装のみを紹介していましたが、 今回の発表資料の中では、

  • 例外による実装
  • 状態変数による実装
  • 状態引数による実装
  • 継続による実装

と、多数の実装方法を紹介しています。

また、FSharpxやExtCoreといったF#の有名ライブラリが、コンピュテーション式を正しく実装できていない点(yieldやreturn以前の問題)も明らかにしました。 詳しくは追っていませんが、実は標準のAsyncコンピュテーション式がそもそもダメという話も・・・ そもそも、コンピュテーション式を展開して考えている実装者はおそらく皆無であり、 ネット上にある間違った情報をもとにコンピュテーション式を実装している場合が多いように思います。 モナドモナドプラス以上の表現力のものを実装する場合は、せめてコンピュテーション式の展開規則を理解したうえで実装しましょう。