読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身に SQL を教えてもらいたくない理由

なんか大阪 (客先) 行って、エンドユーザに SQL を教えに行くことになりました。
正直、エンドユーザに SQL を直接使わせるシステムってどうなの?とか思うんですけど、それより何より、自分自身が、自分に SQL を教えてもらいたくないと思ってるんですよね。
で、なんでそんな風に感じているのか考えてみたら、思い当たるのは・・・
俺、まともなテーブル設計の DB 一度も触ったことないんじゃね?
ということ。
そんな奴の書く SQL がきれいなはずが無いw
ためしにこのブログを見直してみたところ・・・

[http
//d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20080619/1213883227:title]:本文中にもあるように、そもそも重複を禁止したければ一意制約付ければいい
[http
//d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20080925/1222277100:title]:第一正規形破るなよ・・・
[http
//d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20090118/1232258509:title]:部分文字列取得・・・日常茶飯事です!
[http
//okwave.jp/qa4636418.html:title]:上の記事を反映した上での返信。結局文字列関数使って無理矢理やってる
[http
//d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20090325/1237907467:title]:データ型くらい選ぼうよ・・・
[http
//d.hatena.ne.jp/bleis-tift/20090518/1242644576:title]:もはやテーブル設計って問題じゃねー

うん、原因はこれだな。