a.outの由来

由来は "Assembler Output"。元々は PDP-7 で用に作成されたアセンブラが出力するファイル名が a.out だった (C言語はもちろん、B言語より前の時代)。その後リンク機能が実装されて「Assembler Output」は実態にそぐわなくなったが、誰も名前を変えようとせず今に至る。

UNIXの部屋 コマンド検索:a.out (*BSD/Linux)

へぇ。