読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptでの文字列

JavaScript Program

今日は文字列について。


JavaScriptでは"(ダブルコーテーション)、もしくは'(シングルコーテーション)で囲んだ部分が文字列となる。ちなみに、JavaScriptには文字型はない。
文字列から一字取り出すにはcharAtメソッドを使用する。このメソッドは文字列を返す。他にも、indexOfメソッドやlastIndexOfメソッド、splitメソッド、substringメソッド等、Javaプログラマにはおなじみのメソッドが存在する。正規表現も使用できる。
ただし、文字数を得るためにはメソッドではなく、lengthプロパティを参照する。このプロパティは変更できない。

var str1 = "hoge";
var str2 = 'hoge';

// 足してみる
alert(str1 + str2);

var str3 = str1 + str2;
// 最初から検索
alert("index:" + str3.indexOf("h"));
// 最後から検索
alert("lastIndex:" + str3.lastIndexOf("h"));

// 部分文字列
alert("substring:" + str3.substring(24));

var str4 = "hoge,piyo,foo,bar";
// 分割
var ary = str4.split(",");
for (var i = 0; i < ary.length; i++)
    alert("ary[" + i + "]:" + ary[i]);

// 大文字に
alert(str4.toUpperCase());

// 文字数
alert("ほげ".length);

実行してみる